クラブガイド

<クラブ理念>

One Purpose 日本一の集団へ

成長への挑戦

サッカーを通じた感謝の体現

 

<2018チームスローガン>

必死のパッチ

 

<創部>

1884年(明治17年)10月31日

 

<部員数>

180人

 

<歴史>

我々、同志社大学体育会サッカー部は、新島襄が西洋式ボールを在校生に手渡して以来、キリスト教宣教師ラーネット先生らによってフットボールとして導入される。明治17年、西洋式ボールを一個8円で購入して試合を10月31日に行った。この日を創部とする。(同志社スポーツユニオン統一名簿クラブ紹介)

 

明治22年、フットボールクラブとして、活動を開始。明治38年、同志社運動部として、学内規則により公認6クラブとなる。

 

その後、旧制同志社大学サッカー部となり、内部では同志社商高もチームを設立した。戦後は同志社大学体育会サッカー部として再開。現在まで、数多くの選手を輩出してきた。

 

<輝かしい実績>

・全日本大学サッカー選手権大会 16回出場

 準優勝1回、3位1回

・総理大臣杯 13回出場

 3位2回

・関西学生サッカーリーグ

 優勝4回、春季リーグ優勝4回

・関西学生サッカー選手権

 優勝4回

・天皇杯本大会 9回出場

 最高成績ベスト16

 

<ユニフォーム>

FP

紫/紫/紫

白/白/白

GK

ピンク/ピンク/ピンク

黄緑/黄緑/黄緑

サプライヤー:NEWBalance

 

<アクセス>

同志社大学京田辺グラウンド